2014年10月30日木曜日

格闘家はモテる?は本当だろうか...

おそらく格闘技を始めたり始めたい人の動機の中で女性に「モテたい」という人。


結構、いるんじゃないでしょうか?


全然OKです。


男性ならば「モテたい」という願望は永遠のテーマですからね。


私も始めは7割そうでした。



↓ 柔術界のイケメンと言えば、ヒクソン グレイシーの息子であるクロン グレイシー






昔、六本木で美女二人連れで歩くの目撃した事あったな〜(爆)



では、果たして格闘家は「モテる」は本当だろうか.... 真面目に調べてみました。



まず、モテるとは切っても切れないのが「テストステロン」です。



これはいわゆる男性ホルモンの事で、女性を本能的に惹きつける唯一の物質としても有名です。



あなたの周りでどうしようもない奴なのになぜかモテる方が一人ぐらい居ませんか?



その方、おそらくこのホルモンを多く分泌しています。



もしくはジャンプの裏広告とかにあるフェロモン香水をつけています...



さて、ではどのくらいの影響力があるのかというと、まったくモテないラットのオスに、このホルモンを注射すると、途端にメスが群がってくるほどです。



それほどの凄まじい威力があります。



そのテストステロンを薬で無理矢理あげるのがドーピングなのでテストステロンの重要性は理解出来るだろう。



でも、なぜテストステロンを放つ男に、女は引き寄せられるのでしょうか?



それは健康で体格がよく、生殖力の高い男ほど、このホルモンを多く分泌しているということを本能的に知っているからなのです。



つまり、遺伝子の眼が好むホルモンなのです。



ふむふむ。



では、このテストステロンをどうすれば増やせるのかというと?


  1. .適度な栄養と睡眠
  2. 筋力トレーニング 
  3. 大きな野望と自信を持つ



逆に抑えてしまうものは....


  1.  安定した生活
  2. 勉強などの頭を使う行為 
  3. ストレスや敗北感




えっ、格闘技あまり関係ない??



いやいや、格闘技の練習は全身運動で筋力効果も高いし、試合に出る人は大きな野望。というか勝ちたいですし、勝てば自信もつきます。



負ければ自信をなくすかも知れませんが、人生ノーリスク、ノーリターン!


ストレス発散にもなるし、よっぽどの怪物でないかぎり勝率は安定しません(笑)


以上、科学的にはなかなか理にかなっているんではないでしょうか?


えっ?そのわりにフリーターが結構いる?


まあ、モテない理由もまた沢山あるみたいなので、それは自身で調べてみて下さいね〜


人生甘くないな。


OSS !!





2014年10月15日水曜日

14th oct. Jiu-Jitsu Class

昨日の柔術クラスは土曜に首を痛めたので見学メインにし、皆さんのスパーを見学していました。


スパーを見ていると良いとこ、悪いとこも見えてきて、終了後に少しアドバイスをしました。


本当はあれこれ説明をしたかったんですが、忘れてしまうと勿体無いので止めておきました。


分からないポジションがある人はドンドン遠慮なく聞くと上達が早いですよ!

2014年10月10日金曜日

休館日のご案内

来週の月曜日10/13(mon)は祝日のため休館日となります。

練習に来られる方はご注意下さいね。

oss

2014年9月22日月曜日

10月からのスケジュール

10月からのスケジュールになります。

大きく変わった所は無いですが、18:00からのトレーニングクラスは月から金まで前日迄の予約で行います。


金曜日は21:00〜23:00までJAWS ACADEMY(東区篠ヶ瀬町)にて柔術クラスに参加出来ます。
ただしこの日はスパーがメインとなりますので、インストラクターのOKをもらった方のみ参加してください。



今後、要望のあった日曜の柔術クラスを検討していますのでご希望の方、意見をお聞かせ下さい。




2014年9月16日火曜日

黒帯

遠い道のりだと思っていた柔術の黒帯を、先日、古巣であるJAWS ACADEMYで頂きました。


2003年に柔術を始めて以来、ただただ楽しく...
なんて事はなく、負け下手(負けを認めない)な私は練習で、試合で、負けるたびにメソメソしていたのを覚えています。



今思うと、心が狭くて弱すぎました。



小さな事で何度、もう辞めてやる!
と思ったか...数えたら切りがないですが、辞めずに続けて来れたのも練習場に仲間がいたから他なりません。



おかげで今、HDの古い写真を見ると不思議と楽しい事しか思い出せないし、辛かった事はほとんど忘れてしまいました(笑)



出会いも分かれも、勝利も敗北も、嬉しい事も厳しい事も、挫折も沢山あったけどこの10年、格闘技だけでは括れない、本当に大切な事を「柔術」から沢山、学ばせて頂きました。



これから少しでも、また、新しい人達がこの素晴らしい「柔術」というものに出会える様、活動できれば良いなあと思っています。



そして、自分もここから黒帯一年生として新しい世界が見れるかと思うとワクワクします。



取り得ず報告まで


OSS !











2014年9月10日水曜日

昇帯式2014夏

本日は待ちに待った昇帯式を行いました。


2011年に活動を開始したJAWS WEST。


今日、始めて新しい帯を手渡す事が出来ました。


柔術の帯は大人の帯で基本的に5段階があり、白→青→紫→茶→黒とあります。


今回は3段階目の紫帯に一名、昇格させる事が出来ました。







良く柔術の帯の審査対象を聞かれる事があります。









もちろん道場により夫々あると思いますが、
実ははっきりと「こう」すれば良いという答えはないのです。



多くの所では先生の目利きによって帯があがる所が多く、
JAWS WESTでも毎日の練習が審査の対象になっています。





(写真は高校生に社会の厳しさを教える福田氏(39))



他の格闘技の様にキチンとシステム化された審査も良いですが、
自分は柔術の「職人の目利き」的な審査が好きですね。


だから当然、人によって求められるモノが違ってきます。


今回、昇格したエメルソンさんは30で柔術を始めて数年で青帯に。
その後に仕事の関係で数年のブランクがあり、2011年からWESTに合流、以降コンスタントに練習に来てくれていました。


「継続は力なり」とは誰かが良く言ったもので少しづつだけど確実に実力が伸びていくのが分かりました。


人格も素晴らしい人ですので、きっとこれから更に素敵な柔術ライフを過ごしてくれる事を願って... PARABENS !












2014年9月1日月曜日

全日本柔術選手権

先日8月24日に東京都墨田区総合体育館にて行われたJJFJ (日本柔術連盟)主催2014年度全日本柔術選手権が行われました。


当ジムから2名、アダルト茶帯フェザー級に私屋宜リカルドとマスター茶帯フェザー級と無差別級に伊藤洋邦先生がが出場しました。










今年は風向きがよかったのか!?


二人とも優勝する事が出来ました。


伊藤先生はマスター茶帯無差別も優勝し2冠を達成。



TEAM JAWS JIU-JITSU全体としてはアダルト白帯フェザー級にエントリーしたシンデレラボーイ前島君がまさかの優勝







仕事が忙しくコンスタントに練習できない環境の中チャレンジ精神と気持ちの強さで勝利しました。おめでとう!









そしてアダルト白帯ライトフェザー級と無差別にエントリしたギレルメ”クラーク”タケウチが圧倒的な試合運びで階級を制覇し、つづく無差別級でもほぼ最軽量にも関わらず2位になりました。


決勝では3〜4階級ほど上の相手に一歩もひけをとらない試合をし同点までいきましたが、ズボンを中から掴んだためマイナスアドバンを取られての敗退でした。


僅差の敗退。でも不思議と僕は悔しくなかったです。


なぜなら、決勝までの3試合、正直危ない場面もたくさんありました。


セコンドの僕が「もうだめかなあ...」と何度か思いました。


しかし、技術以上に最後まであきらめない気持ちの強さ。強い精神力をみせてくれ、これぞ柔術といえる熱い戦いをみせてくれました。それで十分です。


今回の彼の試合は上の帯の人や僕ら指導者でも見習う所が多かった。



そんなこんなで4人の優勝者を出す事が出来ました。


みんな仕事や家庭、育児などで大変な中よく奮闘したと思います。


僕はことあるごとに自分に言い訳をしてしまいます。


「今日は疲れた。明日やれば良い。暑かった。明日大変だから... 」などなどあげたらきりがないですが、今後も少しでも大きな成果が出せる様...


「巧い言い訳を考えてる頭があったら次にどうすべきか考えろ!」そう... 自分に言い聞かせて練習するとします(笑)